「むらの村」での「むら村長」「さしこ」「てつ」の生活記録
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年07月02日 (火) | 編集 |
最近はゲームをする暇がなかなか無いのですが、数輪の花・一株の筍が何もしないのに勝手に繁殖していく様子は実に楽しいものです。

竹林を作られたことのある方はご存知かと思いますが、竹の繁殖力はすごいですね。

6月19日に一株植えた筍が・・・

6月21日には新たな筍(星印)が出来ていて2株となり・・・

6月25日には3株となり・・・

7月1日には10株を越し・・・

7月2日にはこんな状態です。
筍は芽を出すけれど、隣の株とのスペースが無ければ枯れていきます。
生えてほしくない場所との間には2マス幅で花でも植えておくと、生え過ぎ防止できます。


花も、住民の家の近くに数輪植えておくと、住民が勝手に増やしてくれます。

橋と喫茶「ハトの巣」との間のこのスペースは村民の往来が激しいので、10輪程度植えたコスモスが勝手にここまで増えました。
増やしたのは「花好きな村民」です。

のりまき宅の前も、色々な花が勝手に増えていってます。
これだけ色々な花が咲いていると言うことは、誰かが植えているからです。
自然現象なら、同じ種類の花しか咲かないはず。
せっせ、せっせと花を植えているのは、もちろんのりまき本人です。
彼はなかなかマメな奴です。
伊達に筋肉自慢をしているだけではありません。
やる時はやってくれます。素晴らしい公共事業の提案もしてくれます。
まあ、あのタイプの村民は複数住んでほしいとは思いませんが、一人は住んでほしいタイプです。

ちなみに、村民の家の前に花を植えても、花好きとかマメでない村民の家の周囲は花自身で増殖する程度で、著しく花が増えていくことはありません。

花好きな村民は、ジョウロを持って歩いている頻度が多い感じです。


ここ数日、むらの村はとても平和な日々が続いています。




人気ブログランキングに参加しています
ご面倒でなければ、ポチっとよろしく!!


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。