FC2ブログ
「むらの村」での「むら村長」「さしこ」「てつ」の生活記録
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年12月05日 (木) | 編集 |
「どう森」というゲームを続けていると、相手をする村民が違っていても同じような結末になる出来事に遭遇することが多いですね。

12月1日にパティさんの引越話を掲載しましたが(揺れる女心
数日後にもまったく同じ場面に遭遇しました。

今回、揺れているのはマルコです。
12月3日にはこんなことを言っていたのに・・・
新しい場所で生活してみるのも楽しいかもね。
引越しには賛成ですよ。


引っ越し賛成だよ!


そして今朝のこと・・・
あと2日で引越しなんだね。
寂しくなるけれど、新しい村でも頑張ってね


「楽しかったことを 色々 思い出しますね・・・」
その次に出てくる言葉は、だいたい想像がつきます。


住民の性格によって、引越し話の展開は同じようなものです。
ふつうタイプのパティマルコは、普段から同じような口調で同じようなことを言っています。

できるだけ色々な性格の住民が住んでいるほうが何かと楽しいので、同じ性格の住民が複数いる場合は極力引越しに反対はしないのですが、最近は自ら引越しを取りやめる方が多い。

現在むらの村に住んでいる住民10名の性格は
ふつうタイプ3名、アネキタイプ1名、ぼんやりタイプ1名、げんきタイプ2名、ハキハキタイプ1名、コワイタイプ1名、オトナタイプ1名です。
キザタイプだけが1名もいません。
3名もいるふつうタイプのうち、誰か1名引っ越してもいいと思っているのですが、なかなか引っ越してくれません。
むらの村が住みよいということでしょうか??



人気ブログランキングに参加しています
ご面倒でなければ、ポチっとよろしく!!




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。